引越し業者のキャンセル料の仕組み

わざわざ下見に来てもらって、見積りを比べて、契約した業者。
でも、あとから対応に不満が出てくることも。いっそ他の業者に変えたいなんてこともあります。
場合によっては、他社がもっと安い価格を提示してきたり。
できれば一度契約したなら、軽い気持ちでキャンセルはしたくないですよね。

ただ、「言ってたことと違う」「契約した途端態度が変わった」など、このままお願いしていいのか迷う場合もありますよね。

引越業者との契約は、キャンセル料が標準引越運送約款で定められています。
前日のキャンセル料は見積り額の10%以内。
当日でも20%以内。つまりは前々日までにキャンセルを申し出れば大丈夫というわけです。

気を付けないといけないのが、ダンボールなどを受け取っていた場合。
返送料や、実費での買い上げが必用なこともあります。

身内の不幸などで突発的にその日に引越しができなくなった場合などは、キャンセル料をとらない場合も。
その場合はきちんと後日の引越しでお願いしましょう。

引越し業者に仕事を頼むことは人生の中で何度かしかありませんが、お互いに気持ちいい付き合いをするように心がけましょう。

カテゴリー: 注意点など パーマリンク

コメントは停止中です。