引っ越し当日の流れ(搬出編)

タンスなどの家具や大型家電以外の荷造りは完璧。腹ごなしも済んであとは業者が来るのを待つばかり。
当日はどんな流れなのか確認しておきましょう。

通帳や現金などの貴重品は身につけておくようにしましょう。
業者への支払いもありますしね。
ガムテープ、カッター、ゴミ袋、ぞうきんなども持っておくと便利です。タンスを動かしたらすぐに拭き掃除しましょう。
動きやすい格好で、エプロンなどをしてもいいですね。

ご近所へ前日までに挨拶ができてなかったら、作業が始まる前にすませておきましょう。

引越業者が来たら、作業内容を確認しましょう。見積もりに来てくれた担当者とは別の人の場合が多いです。転居先の間取り図などがあると便利。
必ずしも必用ではありませんが、心付け(チップ)を渡す場合は作業開始前がいいでしょう。

荷物の搬出、搬入はついつい自分もやりたくなってしまうかもしれませんが、自分で破損したら弁償してもらえません。プロに任せましょう。何かあったら遠慮せずに作業員に話しかけましょう。
壁などにキズがないか、作業前にデジカメで写真を撮っておいてもいいですね。

荷物がすべて積み終わったら、部屋を掃除(ハウスクリーニングをしてくれる業者もあります)、忘れ物チェック。
そして部屋を明け渡します。カギを返却。

ガス会社にガスを止めてもらうのに立ち会う必要があることも。
ガス代、電気代は当日に日割りで支払うことも可能です。

トラックの出発前に、到着予定時刻を聞いておきます。運転手の携帯番号を聞いておくと何かあったときに便利です。
時間を決めてその時間に来てもらってもいいですね。
電車移動ならトラックよりも速い場合が多いので、あわてなくて大丈夫。ここでお昼をとっておきましょう。

カテゴリー: 注意点など パーマリンク

コメントは停止中です。